ウォーターサーバーの安全性の比較

MENU

ウォーターサーバーの安全性の比較

ウォーターサーバーを使っている人は、便利さはもちろん、安全なお水をもとめている方も多いと思います。どんなに素敵なサーバーでどんなに価格がやすくても、その安全が買えないようなウォーターサーバーはやはり人気は出ないと思います。特に東日本大震災後にお水の安全をもとめてペットボトルのお水が売り切れたことからもうかがえると思います。
ではウォーターサーバーは安全面でどのような面に気を付けて選べばいいのでしょうか。

ボトル

ウォーターサーバー

お水をボトリングする際、各社品質管理を徹底して行っているのでこの状態での衛生管理はほぼ問題ないと思います。仮に宅配時に留守で外に置いてあったとしても数時間で品質に影響がでるものではありません。
各社気をつけているのは、ボトルをサーバーにセットした時のことです。水が減ったボトルには空気がはいってしまいます。その空気に雑菌が繁殖することが問題なのです。ですので、お水が減るたびにボトルがしぼみ真空パックのような状態にあなるボトルを開発したり、サーバーとボトルの連結部にHEPAフィルターを搭載して不純物がタンク内に入り込まないようにしています。

サーバー内部

サーバー内部は冷水温水タンクがあります。そこに雑菌が繁殖しないようにすることも大切です。すべてのサーバーではありませんが、タンク内部にUV除菌ランプをとりつけて除菌をしたり、自動内部清掃、加熱クリーンシステムなど各社独自の内部清掃機能をつけタンク内の衛生管理に努めています。

 

ウォーターサーバーは、数年前に比べ電気代がぐっと安い機種がでてきました。
日々研究を重ねているので、これからも益々衛生管理に関しても成長していくと思います。

関連ページ

価格で比較
ウォーターサーバーを価格で比較しています
水で比較
ウォーターサーバーを水の種類で比較しています
ボトルで比較
ウォーターサーバーをボトルで比較しています
サーバー無料お試し
無料お試しのあるウォーターサーバーを紹介しています。
解約料比較
ウォーターサーバーを解約料で比較しています
電気代
ウォーターサーバーの電気代を紹介しています
ノルマ比較
ウォーターサーバーの水注文ノルマを比較しています
配送システム比較
ウォーターサーバーの配送システムを比較しています
採水地比較
ウォーターサーバーの採水地を比較しています。